韓国語の「オンマ」ってどういう意味?

スポンサーリンク

今回はドラマなどでもよく聞く韓国語「オンマ」を特集します。

「オンマ」の意味から大人が人前で「オンマ」とあまり言わない理由まで紹介していきます。

「オンマ」ってどういう意味?

「オンマ」はハングルで엄마オンマと書きます。

意味は「ママ」です。

主に子供が使う甘えた感じの呼び方です。

スポンサーリンク

「オンマ」と「オモニ」の違いは?

韓国語にはもう1つ「お母さん」という意味の韓国語어머니オモニがあります。

어머니オモニ」は「엄마オンマ」のような甘えた呼び方ではなく少し大人な呼び方です。

なので、「엄마オンマ」と呼んでいた子供も大人になったら人前では「어머니オモニ」を使うことが多いです。

実際、ドラマでも「엄마オンマ」と呼ぶ息子に母親が「大人なんだから어머니オモニと呼びなさい!」と叱ったりします。

ただ、女性の場合は成人・結婚しても母親のことを엄마オンマ」と呼ぶ人が多いです。

スポンサーリンク

他にもある「オンマ」の使い方

엄마オンマ」は「だれだれの母親」という意味でも使うことがあります。

日本でもたかし君の母親という意味で「たかしママ」と言ったりしますが、それと同じことです。

子供の名前を最初に置いて「○○엄마オンマと言うのです。

例えば、서아ソアの母親なら「서아엄마ソアオンマ」と呼びます。

「オンマ」の意味まとめ

엄마オンマ」は「ママ」という意味の甘えた呼び方です。

なので、ドラマで大人の男なのに「엄마オンマ」と呼ぶ人が出たら精神的に幼かったり母親への愛情がとても強い人だと推測できます。

このように韓国語がわかるとドラマの細かいニュアンスも理解できて楽しいのでぜひいろいろ学んでみてください。


엄마オンマ」以外にも家族を呼ぶときの韓国語を知りたい人には下の記事がオススメです。

RELATED

最初のコメントをしよう

任意