MENU
カテゴリー
pupo
最大で月間118万アクセスを集めた「かんたの〈韓国たのしい〉」の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→ 韓国の文化や人に興味を持つ → ソウルに留学→ ブログを始める。BTSのにわかファン。
公式LINEもやってます! ⇒ Tap

韓国語テキストが無料で読み放題…!?【Amazonの裏ワザ】

突然ですが、Kindle Unlimitedって知ってますか?

月額980円で電子書籍が読み放題になるAmazonのサービスなのですが、韓国語テキストや韓流本も読み放題の対象になっています。

無料体験もあるので気になる本を0円でチェックしてみましょう!

目次(タップできます)

無料で読めるオススメの本・韓国語テキスト

Kindle Unlimitedで読める韓国語学習者・韓国好きにオススメの本とテキストを紹介していきます。

韓国語初心者にオススメの本

たったの!4レッスンでハングルが絶対に読める!

韓国語学習に必須なハングルの読みが4レッスンで簡単に学べる本。

韓国語の勉強をこれから始める人に最適な1冊です。

hime式 イラスト&書いて覚える韓国語文法ドリル

可愛いイラストとダジャレで文法がスルスル頭に入ってくる本。

韓国語にザセツした人にもぜひ読んでほしいほ解説がどわかりやすい1冊です。

K-POP 動画 SNS これが知りたかった!韓国語単語集

韓国のエンタメに特化した単語帳。

勉強するのが楽しくなる本です。

スマホでコメントできる 短い韓国語 

  覚えやすくて使いやすい短いフレーズをまとめた本。

「こういうとき何て言えばいいの?」と困ったときはこの本が役立ちます。   

韓国ドラマ&K-POPがもっと楽しくなる! かんたん韓国語読本

韓国ドラマのセリフやK-POPの歌詞によく出てくる韓国語を初心者にもわかりやすく解説した本。

韓国エンタメが好きなら学習の入り口としてオススメの1冊です。

韓国語中級者にオススメの本

一週間で驚くほど上達する! 日本一楽しい韓国語学習50のコツ

  • 勉強してるけどいまだに自信がない…
  • 上達の実感がない…

上のような人に向けて日本人がつまずきやすいポイントを優しく解説した本。

「어はアホっぽく発音する」など他の本にはない斬新でわかりやすい説明も楽しいです。

【カンタン】漢字から覚える「魔法の単語本」

韓国語の中で漢字に変換できる”漢字語”をまとめた本。

漢字語を使えば『漢字の語彙力=韓国語の語彙力』となるので韓国語のボキャブラリーを増やしたい人にはイチ押しの1冊です。

韓国料理レシピ本

本当においしく作れる 韓国家庭料理

韓国の料理研究家によるレシピ本。

『韓国風』ではない本場の韓国家庭料理が作れちゃいます。

韓国・韓流の雑誌

韓流ぴあ

韓流スターの最新情報が満載の雑誌。

過去1年分のバックナンバーも読み放題になっています。

SAVVY(サヴィ)

日本にいながら韓国が楽しめる関西圏の料理、スイーツ、雑貨、コスメを特集した号。

韓ドラやK-POPを解説したコラムも面白いです。

上で紹介した以外にもKindle Unlimitedでは小説、マンガ、子供向けの教育本など様々な本が読み放題になっています。

\ 無料体験はこちらから /

無料で読めるKindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは月額980円で

  • 和書12万冊
  • 洋書120万冊

の電子書籍が読み放題になるAmazonのサービスです。

すべての本が読めるわけではありませんが、かなり多くの本が読み放題になります。

使い方は通常のKindleと同じでスマホやPCで電子書籍が楽しめます。

無料体験からの解約方法

無駄なお金をかけたくない人のために解約方法についても紹介しておきます。

解約はKindle Unlimited 会員登録を管理のページから

『Kindle Unlimited会員登録をキャンセル』→ 『メンバーシップを終了』

をタップするだけです。

ちなみに、早めに退会しても期限いっぱいまでは電子書籍を読むことができます。

なので、絶対にお金をかけたくない人は無料体験を始めてすぐ退会手続きをするのがオススメです。

無料で韓国語テキストを読もう!

Kindle Unlimitedの読み放題対象本は毎月変わります。

なので、読みたい本が1冊でもあったら今の内に30日間の無料期間を使うのがオススメです。

まずは無料期間で充実の電子書籍ライフを楽しんでみてください!

\ お得な機会をお見逃しなく /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

”かんたの〈韓国たのしい〉”の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→韓国の人と話したり文化を学ぶ内により興味を惹かれる→ソウルに留学→ ブログを始める。本名は「かんた」じゃないです。

コメント

コメントする

目次(タップできます)