韓国語の独学が続かない理由とは?勉強方法も紹介!

スポンサーリンク

「韓国語を独学で身につけたい!」と思ってる人もたくさんいますよね。

ただ、実は独学だけで韓国語をマスターするのはかなり難しいです。

私も留学から日本に帰国してしばらく独学をしてましたが、なかなか続かなくて苦労しました。

「じゃあ、どうすればいいの?」という点も含めてこの記事では韓国語の独学を特集します。

韓国語の独学が難しい理由とは?

韓国語の独学が難しい理由は韓国語が会話するための道具だということにあります。

会話の道具である韓国語を会話する相手がいない独学で習得するのは大変だということです。

テニスも壁打ちしてるだけしてても試合ではなかなか勝てませんよね。

韓国語の独学はなぜ続かない?

具体的に韓国語の独学が難しい点としては下の4つがあります。

  • 覚えた言葉を使う場がない
  • 発音とイントネーションが身に付かない
  • わからないことを聞く相手がいない
  • モチベーションを維持しにくい

特に言葉は使いながら身につくものなので、韓国語を使う機会がないと覚えるのに苦労するのは当然です。

また、ずっと独学でやってきたためにいざ韓国人と話すと発音の問題で言いたいことを理解してもらえない人もたくさんいます。

逆に言うと下の4点が韓国語教室などで教えてもらうメリットです。

  • 韓国語を使う場になる
  • 発音とイントネーションが身に付く
  • わからないことはすぐ聞ける
  • モチベーションが上がりやすい

独学をしている人も韓国語を身につけたいならどこかの段階で韓国語を使う場を作るべきです。

ただ、諸々の事情でレッスンを受けれない人もいると思うので独学でできることも紹介しておきます。

スポンサーリンク

韓国語の独学勉強法

韓国語の勉強法はいろいろありますが、ここでは韓国語が上達する人が共通してやってることを紹介します。

韓国語の上達が早い人がやってるのは下の2つです。

  • 細かい復習
  • 実際に韓国語を使う

人の脳は復習しないとどんどん忘れるようにできています。

なので、最初に1時間かけてじっくり覚えるよりスキマ時間に何度も復習した方が身に付きやすいです。

そして、覚えた言葉を実際に使うのが1番の復習になります。

韓国語で話すのがベストですが、話し相手がいない人は独り言や日記を韓国語で行うのでも大丈夫です。

スポンサーリンク

韓国語の独学で使えるもの

韓国語の独学には使えるものがいろいろあるので、ぜひあなたに合ったものを見つけてください。

① 韓国語の本・テキストで独学!

参考書・テキストでは韓国語を体系的に学ぶことができます。

また、言葉が身に付きやすいように覚える順番や練習問題の作り方が工夫されているのもテキストのいい所です。

韓国語の本のオススメを知りたい人は下の記事をチェックしてください。

② 韓国語のYouTubeで独学!

テキストで勉強するのが苦手な方にはYouTubeがオススメです。

本が苦手な人もYouTubeなら内容が頭に入ってきやすいですし、発音・イントネーションを確認するのにも役立ちます。

基礎からしっかり学びたい人には少し硬い講義形式ですが、seemileがオススメです。

単語を覚えたい人はネイティブの先生が使い方を解説してくれるD A H E E channelがオススメです。

また、韓国語がある程度できる人は韓国の好きなYouTuberを探して見ると日常会話の勉強になります。

③ 韓国語のアプリで独学!

アプリはちょっとしたスキマ時間に韓国語を勉強できるためとても便利です。

例えば、下のアプリでは四択問題、並び替え問題など様々なクイズと一緒に韓国語の勉強ができます。

中国語や韓国語を学ぼう - LingoDeer
中国語や韓国語を学ぼう – LingoDeer
開発元:LingoDeer Co, Ltd.
無料
posted withアプリーチ


もっとオススメの勉強アプリを知りたい人は下の記事をチェックしてください。

④ 韓国語の日記で独学!

韓国語は実際に使いながら身に付いていくものです。

なので、覚えた言葉を日記で使うのはとても勉強になります。

私も日記で韓国語の文を作る練習をするようになってから会話でも言葉がパっと出るようになりました。

日記の書き方や挫折しないコツは下の記事で紹介しています。

⑤ ノートでの独学には注意!

本を読んでるだけ、動画を見てるだけでなく手も動かして書くことで韓国語が忘れにくくなります。

ただ、ノートの使い方には注意が必要です。

何も身に付いていないのでノートをきれいにまとめるだけで勉強した気になってはいけません。

覚えるために書いているので「きれいにまとめる」が目的にならないようにしてください。

韓国語の独学まとめ

コミュニケーションの道具である言葉を話し相手のいない独学だけでマスターするのは正直かなり難しいです。

なので、本気で韓国語を習得したい人はどこかしらの段階で韓国語を使う場に行くことを検討してください。

またいろいろな勉強法を紹介してきましたが、勉強法より大切なのは続けることです。

韓国語を勉強してどうなりたいかという目標を意識しながら楽しく勉強をしてください。


こちらの記事も読まれてます

RELATED

最初のコメントをしよう

任意