MENU
カテゴリー
pupo
最大で月間118万アクセスを集めた「かんたの〈韓国たのしい〉」の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→ 韓国の文化や人に興味を持つ → ソウルに留学→ ブログを始める。BTSのにわかファン。
公式LINEもやってます! ⇒ Tap

「そうなんだ」の韓国語は2種類!違いを詳しく解説

こんにちは、元ソウル留学生のpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

「そうなんだ」の韓国語は2種類あり下のように使い分けます。

使い分け方

① 그렇구나クロクナ:大きいリアクション(えっ!そうなんだ!)
② 그래クレ:軽いリアクション(あー、そうなんだー)

この記事を読めばあなたも韓国語で自然な相づちがうてるようになりますよ!

※この記事の韓国語音声はすべて音読さんを使用しています

スポンサーリンク
目次(タップできます)

「そうなんだ」の韓国語は2種類!

先ほども書いたように「そうなんだ」の韓国語は下のように使い分けます。

使い分け方

① 그렇구나クロクナ:大きいリアクション(えっ!そうなんだ!)
② 그래クレ:軽いリアクション(あー、そうなんだー)

例文と一緒に使い分けを詳しく見ていきましょう!

「そうなんだ」①그렇구나

発音音声はこちら

通常速度↓

ゆっくり速度↓

그렇다クロタ(そうだ)」に驚きを込めた「구나クナ(~なんだ)」がついて「그렇구나クロクナ(そうなんだ)」です。

구나クナ(~なんだ)」がついてるので「그렇구나クロクナ」は相手の話に大きくリアクションするときよく使います。

例えば恋人と別れた話をされたときは驚きを込めた「그렇구나クロクナ」で返します。

例文

A:은우랑ウヌラン 헤어졌어ヘオジョッソ
(ウヌと別れたの)

B:그렇구나クロクナ..
(そうなんだ。。)

「そうなんだ」②그래

発音音声はこちら

通常速度↓

ゆっくり速度↓

그래クレ」はやや軽い言い方の「そうなんだ」です。

日常会話では「그래クレ」の方がよく使います。

例文

A:어제オジェ 콘서트コンソトゥ 갔어ガッソ.
(昨日コンサート行ったんだ)

B:, 그래クレ. 어땠어オッテッソ?
(あっそうなんだ。どうだった?)

ちなみに「그렇구나クロクナ」も「그래クレ」もパンマルというフランクな言い方なので目上の人には使えません。

「そうなんですね」の韓国語も2種類!

丁寧な韓国語「そうなんですね」も2種類あり下のように使い分けます。

使い分け方

① 그렇군요クロクンニョ:大きいリアクション(えっ!そうなんですね!)
② 그래요クレヨ:軽いリアクション(あー、そうなんですねー)

発音音声はこちら

通常速度↓

ゆっくり速度↓

どちらも目上の人に使える丁寧な言い方です。

例文

A:박과장님パクガジャンニン 결혼했대요ギョロネッデヨ.
(パク課長、結婚したらしいです)

B:그렇군요クロクンニョ! 몰랐어요モルラッソヨ.
(そうなんですね!知らなかったです)

スポンサーリンク

「そうだったんだ」の韓国語は簡単!

「そうだったんだ」の韓国語は「그렇구나クロクナ」をそのまま使えばいいです。

例文

A:지난달에ジナンダレ 직장ジッチャン 옮겼어オルンギョッソ
(先月、転職したんだ)

B:그렇구나クロクナ
(そうだっんだ)

例文の「そうだったんだ」を「そうなんだ」と言い換えても通じるように韓国語も「그렇구나クロクナ」をそのまま使って大丈夫なのです。

丁寧な「そうだったんですね」も「그렇군요クロクンニョ」をそのまま使えばOKです。

スポンサーリンク

「そう○○」の韓国語

意味韓国語
そうなんだ그렇구나クロクナ/그래クレ
そうでしょ?그렇지クロチ?
そうかな그런가クロンガ?
そうだね그래クレ
そうしたら그러면クロミョン
そうなの?그래クレ?

그래クレ」は「そうなんだ」以外に

  • そうだね
  • OK
  • そうしよう

などいろいろな意味で使えます。

韓国語「そうなんだ」まとめ

今回のまとめ
  • 그렇구나クロクナ」は驚きのこもった「そうなんだ」
  • 그래クレ」はやや軽い「そうなんだ」
  • 「そうだったんだ」は現在形の「그렇구나クロクナ」でOK
  • 「そうなんですね」は「그렇군요クロクンニョ/그래요クレヨ

韓国語「そうなんだ」を上手く使えば会話も盛り上がるのでぜひマスターしてください!

こちらの記事も読まれてます

韓国語オンライン講座のおすすめランキング15選

韓国語テキストが無料で読み放題…!?【Amazonの裏ワザ】

韓国語を覚えるコツはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

”かんたの〈韓国たのしい〉”の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→韓国の人と話したり文化を学ぶ内により興味を惹かれる→ソウルに留学→ ブログを始める。本名は「かんた」じゃないです。

コメント

コメントする

目次(タップできます)