「私」の韓国語は?一人称の韓国語まとめ

スポンサーリンク

今回は「私」の韓国語を特集します。

日本語には「私」「うち」「僕」「俺」など様々な言い方がありますが、韓国語では何と言うのでしょうか?

「私」は超基本の言葉なのでしっかり覚えてください。

「私」の韓国語は?

韓国語には「私」を意味する言葉が2つあります。

チョです。

韓国語の一人称は男女関係ないので、男性も女性も「チョ」と「」を使います。

では、「チョ」と「」はどのように使い分けるのでしょうか?

「私」の韓国語の使い分け方

チョ」と「」の違いは丁寧さです。

チョ」は「」より丁寧な言い方なので目上の人やあまり親しくない人と話すときに使います。

一方、「」はフランクな言い方なので友達や年下と話すときにに使います。

話す相手との関係性によって「チョ」と「」を使い分けてください。

スポンサーリンク

「私+助詞」の韓国語

「私」の韓国語は「チョ」「」ですが、会話で「チョ」と「」だけを使うことはあまりありません。

たいていの場合は「私が」「私は」「私の」のように「私+助詞」の形で使います。

なので、ここで「私+助詞」の韓国語をまとめておきます。

私は저는チョヌン / 나는ナヌン
私が제가チェガ / 내가ネガ
私も저도チョド / 나도ナド
私のチェ /
私に저에게チョエゲ / 나에게ナエゲ
私を저를チョルル / 나를ナルル
私と저와チョワ / 나와ナワ

「私が」と「私の」の韓国語は「チョ」「」とは少し形が変わるので気を付けてください。

ちなみに、「私の」の韓国語は「저의チョエ / 나의ナエ」という言い方もありますが、会話ではそれを略した「チェ / 」が使われることの方が多いです。

「私」の韓国語を使うときの注意点!

「私」の韓国語を使うときに日本人が間違えがちなことが2つあります。

①「私」は省略されがち

韓国語は主語を省略できる言語です。

英語だと「私はカラオケに行きました」のように「私」という主語をきちんと使いますが、韓国語は違います。

韓国語は「カラオケに行きました(노래방에ノレバンエ 갔어요カッソヨ)」のように「私」を省略することが多いのです。

「私はカラオケに行きました」と言ってもいいのですが、「私」を使い過ぎると不自然な韓国語になってしまいます。

日本語でも「私はカラオケに行きました。私はとても楽しかったです。」と言うとう文は不自然ですよね。

変に「私」を使おうとせず日本語と同じ感覚で省略していけば大丈夫です。

②「私の会社」ではなく「私たちの会社」

「私の」を韓国語にするときも注意が必要です。

「私の」の韓国語は「チェ」「」と説明しましたが、「チェ」と「」には「自分だけが所有しているものやこと」という意味があります。

例えば、「チェ 회사フェサ(私の会社)」と言ってしまうと「私が所有してる会社」という意味になってしまうのです。

ではどうするかと言うと「チェ」「」ではなく우리ウリ(私たちの)」を使います。

「私の会社」も「우리ウリ 회사フェサ」と言うのです。

家族で使ってる家や学校など自分だけが使ってるものでなければ「우리ウリ」を使うことが多いので注意してください。

우리ウリ」のより詳しい使い方は下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

「私」を使った例文集

最後に「私」を使った例文をまとめておきます。


例文:저는チョヌン 일본イルボン 사람입니다サラミンニダ
意味:私は日本人です。

例文:チェ 이름은イルムン 〇〇입니다インニダ
意味:私の名前は○○です。

例文:저도チョド 기쁩니다キップンニダ
意味:私も嬉しいです。

例文:소연과ソヨングァ 제가チェガ 갈게요カルケヨ
意味:ソヨンと私が行きます。

「私」の韓国語まとめ

「私」の韓国語は「チョ」と「」です。

丁寧に言いたいときは「チョ」、フランクに言いたいときは「」を使います。

ドラマなどを見るときは「チョ」と「」がどう使い分けられてるかに注目してみてください。


「私」の次に知りたい「あなた」「君」の韓国語は下の記事で紹介しています。

RELATED

最初のコメントをしよう

任意