韓国語「ウリ」の使い方を徹底解説!「ウリオッパ」ってどんな意味?

スポンサーリンク

「ウリバンダン」「ウリオッパ」「ウリマンネ」

韓国ドラマやK-POPが好きな人は「ウリ」という言葉をよく聞くのではないないでしょうか?

「ウリ」はよく使われる言葉ですが、日本人には少し理解しづらい言葉でもあります。

そこで、今回は韓国独自の言葉「ウリ」をわかりやすく解説していきます。

「ウリ」ってどんな意味?

「ウリ」はハングルで「우리」と書きます。

우리ウリ」には「私たち」「私たちの」という意味があります。

例えば、우리는ウリヌン 일본사람입니다イルボンサラミムニダ(私たちは日本人です)」「우리ウリ チッ(私たちの家)」のように使います。

ここまでは比較的わかりやすいですが、「우리ウリ」は日本人には理解しづらい使い方もするのです。

韓国独自の「ウリ」の使い方とは?

日本人が困惑する「우리ウリ」の使い方、それは恋人のことを우리ウリ 오빠オッパ(私たちのオッパ)」と言うことです。

오빠オッパ」は仲のいい年上に対する親しみを込めた呼び方です。

「私たちのオッパ」と言っていますが、自分の他に何人も彼女がいるわけではありません。

一体、どんな意味があるのでしょうか?

実は、韓国人は家族や仲のいい人に親しみを込めて「우리ウリ」という言葉を使うのです。

なので、家族について話すときも우리ウリ 아버지アボジ(私たちのお父さん)」「우리ウリ 남편ナンピョン(私たちの旦那)」と表現します。

また、K-POPアイドルが우리ウリ 리더リド(私たちのリーダー)」「우리ウリ 막내マンネ(私たちの末っ子)」と言うのも親しみを込めた言い方なのです。

スポンサーリンク

「ウリナラ」とは?

우리ウリ」を使ったフレーズでよく耳にするのが우리ウリ 나라ナラです。

나라ナラ」は「国」という意味なので「우리ウリ 나라ナラ」は「私たちの国」という意味で使われています。

韓国人が「私たちの国」と言っていれば「우리ウリ 나라ナラ」とは「韓国」のことですね。

韓国人は集団に所属しているという意識や仲間意識が強いのですが、「우리ウリ 나라ナラ」という言葉もその表れだといえます。

スポンサーリンク

「ウリ」と「ネ」の違いは?

우리ウリ」は「私の」と訳したほうが自然な場合がありますが、우리ウリ(私の)」は何が違うのでしょうか?

例えば、「우리ウリ 회사フェサ」と「 회사フェサ」は日本語にするとどちらも「私の会社」となりますがニュアンスは全然違います。

우리ウリ 회사フェサ」は「私が所属している会社」という意味で「 회사フェサ」は「私が所有している会社」という意味になるのです。

우리ウリ」が所属している団体や家族などに使うのに対して「」は自分だけが所有しているものやことに対して使います。

なので、自分が持っているペンやノートには「」を使いますが、家族で住んている家には「우리ウリ」を使うのです。

「私の〇〇」という日本語を韓国語にするときは「」を使うのか「우리ウリ」を使うのか一旦考えてみましょう。

まとめ

우리ウリ」は「私たち」という意味の韓国語です。

また、「우리ウリ」は所属している集団や仲のいい人に親しみを込めて使ったりと独特の使い方をします。

慣れないうちは難しいですが、慣れてくると韓国人の情深さが感じられる言葉なのでぜひマスターしてみてください。


こちらの記事も読まれてます

RELATED

最初のコメントをしよう

任意