「お母さん」の韓国語3つを紹介!【お母さん・ママ・お母様】

スポンサーリンク

こんにちは、留学で韓国語を話せるようになったpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

今回は「お母さん」の韓国語を特集します。

「お母さん」「ママ」「お母さま」のように韓国語には様々な「お母さん」の言い方があるのでそれぞれ紹介していきます。

「お母さん」の韓国語は?

1番よく使われる「お母さん」の韓国語は어머니オモニです。

어머니オモニ」は「お母さーん」と呼ぶとき、「私の母です」と人に紹介するときのどちらでも使えます。

また、「~のお母さん」という意味で子供の名前を前に付け「○○어머니オモニと言ったりもします。

例えば、서아ソアという子のお母さんなら「서아어머니ソアオモニ」と呼ぶのです。

スポンサーリンク

「ママ」の韓国語は?

「ママ」の韓国語は엄마オンマです。

日本だと「ママ」と言う子も「お母さん」と言う子もいますが、韓国の子供はほとんどが「엄마オンマ」と呼んでいます。

大人になるにつれ「어머니オモニ」と呼ぶようになるのですが、最近は大人になってからも「엄마オンマ」と呼び続ける人が増えています。

ただ、それでも人前で話すときなどは「昨日어머니オモニが…」と「어머니オモニ」を使うことが多いです。

スポンサーリンク

「お母さま」の韓国語は?

「お母さま」の韓国語は어머님オモニンです。

어머님オモニン」は義理の母親など他の家のお母さんを丁寧に呼ぶときに使います。

日本では「お母さま」という言葉をあまり使いませんが、韓国語の「어머님オモニン」は結構使うことが多いです。

ただ、自分の母親を「어머님オモニン」と呼ぶことは基本ありません。

自分の母親を丁寧に呼びたいときは모친モチンを使います。

「お母さん」の韓国語まとめ

「お母さん」の韓国語は下の通りです。

お母さん어머니オモニ
ママ엄마オンマ
お母さま어머님オモニン

ドラマなどを見るときはぜひ「お母さん」の韓国語に注目してみてください。

「お父さん」「おじいちゃん」など「お母さん」以外も家族の韓国語を知りたい人は下の記事をチェックしてください。

RELATED

最初のコメントをしよう

任意