「すみません」の韓国語は?場面別に使える韓国語を紹介!

スポンサーリンク

謝るとき、人に声をかけるとき、店員さんを呼ぶとき。

日本語では全て「すみません」で済みますが、韓国語は違います。

この記事では、場面別の「すみません」に対応する韓国語を紹介していきます。

お店で店員さんを呼ぶ「すみません」

店員さんを呼ぶときに使う「すみません」の韓国語は저기요チョギヨ여기요ヨギヨです。

意訳するとどちらも「すみません」となりますが、もともとの意味は少し違います。

저기요チョギヨあの~
여기요ヨギヨこっちです

저기요チョギヨ」は「あの~」と呼びかける言葉なので街中で知らない人に声をかけるときも使えます。

店員さんを呼ぶときは「저기요チョギヨ」を使っても「여기요ヨギヨ」を使ってもいいです。

店員さんに「おじさん」「おばさん」?

저기요チョギヨ」「여기요ヨギヨ」以外にも店員さんを아저씨アジョシ(おじさん)」「아줌마アジュンマ(おばさん)」と呼ぶときもあります。

特にアットホームな飲食店でよく使われています。

日本の居酒屋で店員さんを「大将」「奥さん」と呼ぶ感覚に近いです。

아줌마アジュンマ」はより親しみを込めて이모イモ(親戚のおばさん)」と呼ぶこともあります。

また、사장님サジャンニム(社長)」と相手を持ち上げる呼び方もあります。

私の韓国人の友だちは明らかにアルバイトの人も「사장님サジャンニム(社長)」と呼んでいます。

スポンサーリンク

「通ります」という意味の「すみません」

混雑した場所で人と人の間を取りたいときに使う「すみません」の韓国語は잠깐만요チャンッカンマンニョです。

잠깐만요チャンッカンマンニョ」は「すみません」という意味の他に「ちょっと待ってください」という意味もあります。

自分がまだ降りていないのにバスが発車しようとしたときに運転手に「잠깐만요!チャンッカンマンニョ」と言っている場面をよく見ます。

잠깐만요チャンッカンマンニョ」は旅行でも使える韓国語なのでぜひ覚えてください。

謝るときの「すみません」

謝るときに使う「すみません」の韓国語は죄송합니다チェソンハムニダです。

謝る韓国語は他にも미안합니다ミアナムニダ(ごめんなさい)」というものがあります。

죄송합니다チェソンハムニダ」と「미안합니다ミアナムニダ」の使い分け方は下の記事で詳しく書いています。

スポンサーリンク

作業中の人に声をかけるときの「すみません」

作業中の人や通り過ぎる人に声をかけるときの「すみません」の韓国語は실례합니다シルレハムニダです。

실례합니다만シルレハムニダマンとすれば「すみませんが」という意味になります。

실례합니다シルレハムニダ」には「失礼します」という意味もあります。

なので事務所などに入るときも「실례합니다シルレハムニダ」と言います。

「すみません」の韓国語まとめ

「すみません」の韓国語は「저기요チョギヨ」「잠깐만요チャンッカンマンニョ」「실례합니다シルレハムニダ」「죄송합니다チェソンハムニダ」などたくさんあります。

どれも日常会話でよく使う韓国語ばかりです。

ぜひ使いこなしてください。


こちらの記事も読まれてます

RELATED

最初のコメントをしよう

任意