韓国旅行に変圧器は必要?おすすめ変換プラグも紹介!

スポンサーリンク

韓国旅行に行くときに気になるのが変圧器がいるかどうかですよね。

結論から言うと韓国旅行に変圧器を持っていく必要はありません。

この記事では変圧器がいらない理由と本当に必要な変換プラグについて紹介します。

そもそも変圧器とは?

変圧器とは下のような電圧を変える製品のことです。

変換プラグと誤解している人もいますが、変圧器と変換プラグは別物です。

created by Rinker
カシムラ
¥409 (2020/04/05 12:10:44時点 Amazon調べ-詳細)

日本の電圧が100Vなのに対して韓国の電圧は220Vあります。

なので、 220Vに対応していない電化製品を使うときは変圧器が必要になるのです。

スポンサーリンク

変圧器が必要かのチェック方法

旅行に持っていく電化製品に変圧器が必要かどうかは電化製品の対応電圧を見て判断します。

対応電圧は製品本体もしくは説明書に書いてあります。

例えば、下の写真の製品は100-240Vと書かれているので韓国で使っても問題ありません。

一方、下の写真の製品は100Vとしか書かれていないので韓国で使うには変圧器が必要になります。

最近では海外の電圧にも対応した電化製品が増えているので変圧器が必要ない場合が多いです。

ただ、念のため旅行に持っていく電化製品の対応電圧はきちんとチェックしておいてください。

スポンサーリンク

それでも変圧器は買う必要なし!

一部の電化製品には変圧器が必要になりますが、それでも買う必要はありません。

変圧器はホテルのアメニティで借りれるからです。

私は何度も韓国に行っていますが変圧器を持って行ったことは一度もありません。

変圧器は値段が高いし重いのでできるだけ持って行かない方がいいです。

ただ、ホテルに変圧器がない場合もあるので事前に問い合わせておきましょう。

スポンサーリンク

ヘアアイロンと変圧器には注意!

変圧器を使うときには注意してほしいことがあります。

それはヘアアイロンやドライヤーを使うときです。

変圧器には容量があり、ある一定以上の電気量(ワット数)は使えないのです。

特に消費電気量が多いヘアアイロンやドライヤーは使えない可能性が高いです。

変圧器を使う前に容量と電化製品の消費電気量をきちんと調べてください。

最悪の場合は電化製品から煙が出て壊れることもあります。

なので、韓国でも使えるヘアアイロンやドライヤーを持っていくのが一番オススメです。

スポンサーリンク

韓国旅行に必要なのは変換プラグ

韓国のコンセントは上の写真のように日本のコンセントとは形状が異なります。

なので、韓国旅行に変圧器を持っていく必要はありませんが、変換プラグは必須アイテムです。

created by Rinker
カシムラ
¥409 (2020/04/05 12:10:44時点 Amazon調べ-詳細)

韓国のコンセントはCタイプと呼ばれる形状が多いですが、場所によってはSEタイプと呼ばれる形状もあります。

どちらの形状のコンセントかホテルに確認を取っておいてください。

変換プラグは現地のホテルでも借りれますが、街中でも充電できるように事前に購入しておくのがオススメです。

Cタイプの変換プラグならダイソーでも買うことができます。

充電したいものがたくさんある方は下のような複数の挿し口がある変換プラグがオススメです。

海外変換プラグ 2USBポート旅行充電器 A/O/BF/Cタイプ電源変換プラグ コンパクトな コンセント 壁の充電器 100-250V安全ACアダプター 日本/米国/EU/英国/AU 等世界150カ国以上通用多機能充電器 iPhone/Androidの携帯電話/iPad/タブレット/デジタルカメラ/MP3各機種対応 SONICER
SONICER

スポンサーリンク

まとめ

韓国旅行に行くのにわざわざ変圧器を買う必要はありません。

ただ、電圧が対応していない製品を韓国で使うと感電や火事の原因にもなるので十分に注意してください。

そして、変圧器は必要ありませんが、変換プラグはぜひ購入しておいてください。


人気記事

RELATED

最初のコメントをしよう

任意