韓国語「アボジ」ってどういう意味?

こんにちは、留学で韓国語を話せるようになったpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

今回はドラマなどでもよく聞く韓国語「アボジ」を解説します。

「アボジ」の意味がわかるとドラマや映画もより楽しくなりますよ。

韓国語「アボジ」ってどういう意味?

「アボジ」はハングルで「아버지」と書きます。

意味は「お父さん」です。

「お父さ~ん」と呼ぶときも「私の父です」と人に紹介するときも使えます。

また、子供が小さい場合は「だれだれのお父さん」という意味で「○○아버지アボジと言ったりもします。

例えば、「지유ジユ」のお父さんなら「지유아버지ジユアボジ」と呼んだりするのです。

スポンサーリンク

「アボジ」と「アッパ」の違いは?

아버지アボジ」とよく似た아빠アッパという韓国語があります。

아빠アッパ」は「パパ」のような「아버지アボジ」より甘えた「お父さん」の言い方です。

日本では「パパ」と言う子も「お父さん」と言う子もいますが、韓国ではほとんどの子供が父親を「아빠アッパ」と呼びます。

大人になるにつれて「아버지アボジ」と言うようになるのですが、最近は大人になっても「아빠アッパ」と呼び続ける人が増えています。

ただ、それでも人前では「아빠アッパ」ではなく「아버지アボジ」と言うことが多いです。

スポンサーリンク

韓国語「アボジ」の注意点!

実は、「아버지アボジ」を使うときに注意してほしいことが2つあります。

① アボジには敬語を使う

韓国語では「お父さんがいらっしゃいます」のように身内に対しても敬語を使います。

日本語のように身内に対して謙譲語を使ったりはしないので気を付けてください。

韓国語の敬語については下の記事で簡単に紹介しています。

②「私たちのアボジ」と言う

韓国語では自分の父親を言うときに우리ウリ 아버지アボジ(私たちのお父さん)」と表現します。

韓国語では家族や仲のいい人には親しみを込めて「우리ウリ」を付けるのです。

なので、「아버지アボジ」以外にも우리ウリ 어머니オモニ(お母さん)」「우리ウリ남편ナンピョン(旦那)」と言ったりもします。

우리ウリ」についてもっと知りたい人は下の記事をチェックしてください。

「アボジ」の意味まとめ

아버지アボジ」は「お父さん」という意味の韓国語です。

「お父さ~ん」と呼ぶときも「私の父です」と人に紹介するときも使えます。

ドラマなどでは「아버지アボジ」と言ってるか「아빠アッパ(パパ)」と言ってるかに注目すると登場人物の人柄がわかったりして楽しいですよ。


今、あなたにオススメ

RELATED

最初のコメントをしよう

任意