韓国語「ヒョン」ってどういう意味?

スポンサーリンク

韓国ドラマやK-POPアイドルの会話で「ヒョン」という言葉を聞いたことはありませんか?

「ヒョン」は日常会話でよく使われますし、覚えると人間関係がすぐにわかるとても便利な言葉です。

そこで、今回は韓国語「ヒョン」を特集します。

「ヒョン」ってどういう意味?

「ヒョン」はハングルで「형」と書きます。

意味は「お兄さん」です。

오빠オッパ」も同じ「お兄さん」という意味の韓国語ですが、「ヒョン」との違いは男性が使うか女性が使うかです。

弟が「お兄さん」と言うときは「ヒョン」を、妹が「お兄さん」と言うときは「오빠オッパ」を使うのです。

スポンサーリンク

兄以外も「ヒョン」と呼ぶ!?

アイドルが兄弟ではないメンバーを「ヒョン」と呼ぶのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?

実は、「ヒョン」は家族の兄以外に仲のいい年上に対しても使います。

韓国は年功序列が厳しいので年上をあだ名や「○○くん」と呼ぶことはできません。

ただ、仲のいい先輩には親しみを込めた呼び方をしたいものです。

そんな「敬いたいけど親しみを込めて呼びたい」という2つの願いをかなえてくれるのが「ヒョン」なのです。

なので、韓国では家族の兄だけでなく仲のいい年上も「ヒョン」と呼びます。

スポンサーリンク

「ヒョンニン」ってどういう意味?

韓国ドラマなどで형님ヒョンニンという言葉を聞いたいことはありませんか?

형님ヒョンニン」は「ヒョン」に「ニン(様)」を付けた丁寧な言葉です。

人前やかしこまった場などで「형님ヒョンニン」をよく使います。

また、「형님ヒョンニン」には「夫の兄嫁」「夫の姉」という意味もあります。

韓国人と結婚しない限りこの意味で使うことはないと思いますが、親戚の名称でもあるくらいには覚えておいてください。

まとめ

ヒョン」は「お兄さん」という意味の韓国語です。

また、家族の兄以外に仲のいい先輩のことも「ヒョン」と呼びます。

韓国の男性の話を聞くときは誰が誰を「ヒョン」と呼んでいるかに注目してみてください。

RELATED

最初のコメントをしよう

任意