「何」の韓国語は4つある!?使い分け方を解説!

スポンサーリンク

「何してる?」「何の話?」「何個?」など「何」は日常会話でとてもよく使う言葉です。

そこで、今回は「何」の韓国語を特集します。

「何」の韓国語は4つあるのですが、それぞれの使い分け方を解説していきます。

「何」の韓国語は4つある!

「何」の韓国語はムォ」「무슨ムスン」「ミョッ」「아무アムの4つがあります。

使い分け方は下の通りです。

ムォ何+助詞など
무슨ムスン何+名詞
ミョッ何+数詞
아무アム何も~ない

これだけ見てもわからないと思うのでそれぞれ詳しく説明していきます。

뭐:「何+助詞など」の韓国語

「何が」「何を」など「何+助詞」を韓国語にするときはムォを使います。

ただ、「ムォ ?(何してるの?)」のように助詞を省略することも多いです。

また、「뭐야ムォヤ?(何だよ?)」「뭐예요ムォエヨ(何ですか?)」のように「이다イダ(である)」ともよく一緒に使います。

ちなみに、「ムォ」は무엇ムオッの短縮形です。

日常会話では「무엇ムオッ」より「ムォ」の方がよく使われるので「ムォ」を使って説明しました。


例文:ムォ 먹고モッゴ 싶어シッポ?
意味:何食べたい?

例文:ムォル 좋아해요チョアヘヨ?*
意味:何が好きですか?

*「ムォル」は「뭐를ムォルル」の短縮形です。

スポンサーリンク

무슨:「何+名詞」の韓国語

「何の話」「何曜日」など「何+名詞」を韓国語にするときは무슨ムスンを使います。

また、「무슨ムスン 뜻이야トゥシヤ?(どんな意味?)」のように「どんな」「どのように」という意味でも使われます。


例文:무슨ムスン 요일이에요ヨイリエヨ?
意味:何曜日ですか?

例文:무슨ムスン 소리입니까ソリインニカ?
意味:何の話ですか?

몇:「何+数詞」の韓国語

「何個」「何歳」など「何+数詞」を韓国語にするときはミョッを使います。

数詞と言うと少し難しいですが、要は「何時」「何回」など数字で答えられる質問をするときは「ミョッ」を使うということです。

ただ、数詞を省略して「몇이에요ミョッイエヨ?(いくつですか?)」と聞くこともあります。


例文:몇개에요ミョッケエヨ?
意味:何個ですか?

例文:몇살입니까ミョッサリンニカ?
意味:何歳ですか?

スポンサーリンク

아무:「何も~ない」の韓国語

「何も知らない」「何の意味もない」など「何も~ない」を韓国語にするときは아무アムを使います。

아무アム 걱정도コクチョンド 하지마ハジマ(何も心配しないで)」のように(~も)」と一緒に使うことが多いです。


例文:아무アム 것도ゴッド 모르겠어요モルゲッソヨ.
意味:何も知らないです。

例文:아무アム 의미도ウィミド 없어オプソ.
意味:何の意味もないよ。

まとめ

「何」の韓国語は下の4つです。

ムォ何+助詞など
무슨ムスン何+名詞
ミョッ何+数詞
아무アム何も~ない

4つもあると覚えるのが大変ですが、まずは一番よく使う「ムォ」から覚えてください。

そして、徐々に使い分けも覚えていってください。


こちらの記事も読まれてます

RELATED

最初のコメントをしよう

任意