韓国のコンセントを大特集!形状は?電圧は?周波数は?

スポンサーリンク

韓国旅行に行くときに気になることの1つがコンセントの問題ですよね。

コンセントの形状や電圧によっても持っていく荷物が変わってきます。

そこで、今回はどんな変換プラグがオススメかも含めて韓国のコンセントを特集します。

韓国のコンセントの形状・電圧・周波数は?

韓国のコンセントの形状・電圧・周波数はそれぞれ日本のコンセントと異なります。

コンセントの形状はCタイプかSEタイプ

韓国のコンセントの形状は上の写真のようなCタイプと呼ばれるものです。

ただ、場所によってはSEタイプという形状のコンセントを使っているところもあります。

CタイプとSEタイプはよく似ていますが、プラグの太さと間隔が微妙に異なります。

ホテルによっても異なるので事前に確認しておくといいです。

コンセントの電圧は220V

日本の電圧が100Vなのに対して、韓国のコンセントの電圧は220Vです。

場所によって110Vのところもありますが、220Vが主流です。

コンセントの周波数は60Hz

韓国のコンセントの周波数は60Hzです。

ちなみに、日本では東日本で50Hz、西日本で60Hzと分かれています。

ですが、ほとんどの電化製品が50Hzでも60Hzでも使えるようになっているのであまり気にしなくても大丈夫です。

ただ、ドライヤーなどモーター付属の製品だと50Hz限定のものもあるので注意してください。

変換プラグはダイソーがおすすめ!

韓国のコンセントで日本の電化製品を使うときは変換プラグが必要になります。

変換プラグは貸し出しサービスをしているホテルもありますし、ダイソーでも買うことができます。

ダイソーの製品は韓国でも問題なく使え何より安いのでオススメです。

ただ、ダイソーにはCタイプの変換プラグしか売っていないのでSEタイプの変換プラグは他で買う必要があります。

created by Rinker
カシムラ
¥405 (2020/08/09 08:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

韓国現地で変換プラグを買うこともできますが、見つからないと焦るので事前に日本で買っておくのがオススメです。

スポンサーリンク

賢い変換プラグの使い方

スマホ、カメラ、ヘアアイロンなどコンセントに繋ぎたいものってたくさんありますよね。

ですが、変換プラグをたくさん持っていくのは大変ですし、1つの変換プラグだけでは不便です。

そんなときにオススメなのがUSB付きコンセントプラグです。

このコンセントプラグに変換プラグを付ければ複数の電化製品を同時に使うことができます。

荷物も少なくなるのでオススメです。

また、様々な国の変換プラグが付いたコンセントを買えばさらに荷物は少なくなります。

海外変換プラグ 2USBポート旅行充電器 A/O/BF/Cタイプ電源変換プラグ コンパクトな コンセント 壁の充電器 100-250V安全ACアダプター 日本/米国/EU/英国/AU 等世界150カ国以上通用多機能充電器 iPhone/Androidの携帯電話/iPad/タブレット/デジタルカメラ/MP3各機種対応 SONICER
SONICER

変圧器が必要かのチェックポイント

日本の電化製品を韓国のコンセントにさす前に220Vの電圧で使っても大丈夫か確認しましょう。

大丈夫じゃない場合は電圧を変える変圧器が必要になります。

対応可能な電圧は取扱説明書や製品本体に書かれています。

上の写真の製品は100~240Vと書かれているので220Vの韓国で使っても大丈夫です。

一方、上のように100Vとしか書かれていない製品を韓国で使うときは変圧器が必要になります。

間違えて使うと感電したり火事になったりすることもあるのでよく確認しましょう。

スポンサーリンク

変圧器って必要なの?

100Vの製品は変圧器が必要と書きましたが、私は韓国に変圧器を持っていったことがありません。

というのも変圧器は割高ですし、荷物が増えるのが嫌だからです。

変圧器が必要な製品がある場合はホテルのアメニティで借りるのがオススメです。

旅行に行く前に変圧器を借りれるかどうかホテルのサービスを確認してみてください。

まとめ

韓国のコンセントの形状はCタイプもしくはSEタイプなので変換プラグが必要になります。

また、電圧も220Vと日本とは異なるので電化製品の対応電圧をよく確認してください。


人気記事

RELATED

最初のコメントをしよう

任意