よく聞く韓国語「アンデ」ってどんな意味?使い方まで詳しく解説!

こんにちは、留学で韓国語を話せるようになったpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

ドラマやK-POPの歌詞の中で「アンデ」という言葉を聞いたことはありませんか?

韓国エンタメ好きならよく聞く言葉ですよね。

そこで、今回はその意味から使い方まで韓国語「アンデ」を徹底解説します!


※この記事の韓国語音声はすべて音読さんを使用しています

スポンサーリンク
目次

「アンデ」のハングル・発音は?

「アンデ」はハングルで 안 돼 と書きます。

안 돼の発音はこちら

アン !」はゆっくり言うと「アンデ」よりも「アンドゥエ」に近い発音になります。

ただ、韓国人が普段話す早いスピードだと発音はほぼ「アンデ」の音です。

下のコント番組で「 アン !(おい、ダメだろ!)」の発音が聞けるので確認してみて下さい。

「アンデ」ってどんな意味?

アン 」は「アン」と「」の間にスペースを入れるかどうかで意味が変わります。

  • アン :ダメだ、~してはいけない、~にならない
  • 안돼アンデ:気の毒だ、かわいそうだ

ただ、韓国人でも「ダメだ」の意味で「안돼アンデ」を使う人がけっこういます。

多くの日本人が文法的に間違ってる「全然大丈夫」を使ってるのと同じです。

例えば、下のツイートも「잊으면イジュミョン 안돼アンデ!(忘れちゃダメだよ)」と「ダメだ」の意味で「안돼アンデ」が使われてます。

スポンサーリンク

「アンデ」の使い方を解説!

アン 」にはいくつか使い方があるのでそれぞれ説明していきます。

①「ダメ」という意味の「アンデ」

ドラマやK-POPの歌詞でよく使われているのがこの「ダメ」という意味の「アン 」です。

「ダメ」という意味の「アン 」は様々な場面で使うことができます。

例えば「~してもいい?」と聞かれて断るときに「アン 」と言うのです。

  • 말하면マラミョン アン (言ったらダメ)
  • 아무것도アムゴッド アン (何もかもがダメ)

のようにも使えます。

②「~にもならない」という意味の「アンデ」

アン 」は ~ アン の形にすると「~にもならない」という意味になります。

  • 일년イルニョンド アン (一年にもならない)
  • 열심히ヨルシミ 일했는데イレッヌンデ 만원マノンド アン (頑張って働いたのに1万ウォンにもならない)

のように使います。

ネガティブな意味で使われることが多いです。

③「ありえない」という意味の「アンデ」

「ありえない」「信じられない」の韓国語は말도マルド アン です。

「ありえない」「信じられない」の韓国語は말도マルド アン です。

マル」は「言葉」や「話」という意味なので「말도マルドアン 」は直訳すると「言葉にならない」「話にならない」となります。

  • 약속을ヤクソグル 잊어버렸다니イジョボリョッタニ 말도マルドアン !(約束を忘れたなんてありえない!)
  • 얼굴.オルグル.. 말도マルド アン !(この顔…信じられない!)

のように使います。

いろいろな「アンデ」の言い方

アン 」は友達や年下に使うフランクな言い方です。

もっと丁寧に言う場合は下のように形を変えます。

丁寧度韓国語
とても丁寧アン 됩니다デンニダ
丁寧アン 돼요デヨ
フランクアン

アン 됩니다デンニダはとても丁寧な言い方なので目上の人に対しても使えます。

アン 돼요デヨ は「アン 됩니다デンニダ」と比べると少し柔らかい言葉なので、仲のいい年上や店員さんとフランクに話すときに使うことが多いです。

スポンサーリンク

「アンデ」と「ハジマ」の違いは?

アン 」と同じような場面で使われる「ハジマ」という言葉を聞いたことはありませんか?

「ハジマ」のハングルと意味は下の通りです。

ハングル하지마
意味やめて
しないで
하지마の発音はこちら

하지마ハジマ」の前に文を付ければ「~しないで」 「~はやめて」という文になります。


例文:무리하지마ムリハジマ
意味:無理しないで

하지마ハジマ」の丁寧な言い方は「하지마세요ハジマセヨ」です。

韓国語「アンデ」まとめ

「アンデ」はハングルで「アン」と書き、「~にならない」や「ダメ」という意味で使われます。

このように韓国語を覚えていけばドラマやK-POPがより理解できるようになって楽しいです。

ドンドン韓国語を覚えていきましょう!

こちらの記事も読まれてます

東京の本当におすすめできる韓国語教室9選【口コミあり】

PC知識0の私が韓国ブログで月30万稼げるようになった方法

韓国語を覚えるコツはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

月間118万アクセスも集めた「韓国たのしい」の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→ソウルに留学→ ブログを始める。韓国の映画が好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる