「先生」の韓国語は?お医者さんや幼稚園の先生の呼び方も紹介!

こんにちは、留学で韓国語を話せるようになったpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

今回は「先生」の韓国語を特集します。

  • 「先生」を韓国語で何というか
  • 略語はあるのか
  • お医者さんなどを何と呼ぶのか
  • 日本語の「先生」と使い方が異なる点

など韓国語の「先生」を徹底解説します。

目次

「先生」の韓国語は?

「先生」の韓国語は선생님ソンセンニムです。

선생ソンセン」は「先生」、「ニム」は「~様」といういみです。

なので、「선생님ソンセンニム」は直訳すると「先生様」となります。

日本語で考えると少し変ですが、韓国語では「선생님ソンセンニム」のように目上の人に「ニム(様)」を付けて呼ぶことがよくあります。

例えば、「社長」「課長」の韓国語は사장님サジャンニム(社長様)」「과장님クァジャンニム(課長様)」となります。

スポンサーリンク

「先生」の略語は?

最近の若者は先生を「선생님ソンセンニム」と呼ばずに略語で呼ぶことが多いです。

その略語がセム(セム) 」です。

表記は「セム」も「セム」もどちらも使います。

セム(セム) 」は「선생님ソンセンニム」よりも親しみを込めた言い方になります。

もともとは先生に面と向かっていう言葉ではなかったのですが、今では直接使っても失礼ではなくなりました。

ただ、年配の方の中にははあまりよく思わない人もいるので「セム(セム) 」は親しい関係性がある人に使うようにしましょう。

韓国の生徒も普段「セム(セム) 」と呼んでいる先生でも怒られている最中は「선생님ソンセンニム」と言います。

韓国で先生と呼ばれる人とは?

日本で「先生」と呼ばれるのは下のような人たちです。

  • 学校・習い事の先生
  • 医者、弁護士など特定の職業

ただ、韓国語の「선생님ソンセンニム」は少し異なります。

日本語で「先生」と呼ばれる人を「선생님ソンセンニム」と呼ばなかったり、日本語で「先生」と呼ばない人を「선생님ソンセンニム」と呼んだりします。

学校・習い事の先生編

幼稚園・保育園~高校の先生と習い事の先生は韓国語でも「선생님ソンセンニム」と呼びます。

ただ、大学の先生のことは「선생님ソンセンニム」と呼びません。

大学の先生は교수님キョスニム(教授様)」といいます。

実際に相手が教授ではなくても大学で講義をしている人はすべて「교수님キョスニム」と呼びます。

医者、弁護士など特定の職業編

韓国では弁護士のことは「선생님ソンセンニム」と呼ばずに변호사님ピョノサニム(弁護士様)」と呼びます。

お医者さんのことは의사선생님ウィサソンセンニム(医者先生様)」といいます。

ただ、歯医者や皮膚科など施術系のお医者さんの場合は원장님ウォンジャンニム(院長様)」ということも多いです。

施術するお医者さんをすべて「원장님ウォンジャンニム」と呼ぶので1つの病院に院長と呼ばれる人が何人もいるということがよくあります。

ちなみに、看護師さんのことは간호사カノサ 선생님ソンセンニム(看護師先生様)」もしくは간호사님カノサニム(看護師様)」と呼ぶことが多いです。

日本では「先生」と呼ばないけど、韓国では「선생님ソンセンニム」と呼ぶ例としては美容師があります。

韓国では美容師さんのことを「선생님ソンセンニム」と呼ぶのです。

先生じゃなくても선생님と呼ばれる!?

昔、韓国で道に迷ったときに韓国人の友だちが警備員さんに「선생님ソンセンニム!」と呼びかけるのを見ました。

友だちと警備員さんは初対面ですし、警備員は「선생님ソンセンニム」と呼ばれる職業ではありません。

疑問に思って友だちに聞いたところ선생님ソンセンニム」は目上の人の敬称としても使われると教えてくれました。

昔は目上の男性に「선생님ソンセンニム」を使い、女性には「아가씨アガシ(お嬢さん)」や「아줌마アジュムマ(おばさん)」を使っていましたが、最近は男女両方に「선생님ソンセンニム」を使います。

相手を持ち上げる言い方なので、韓国で人を呼び止めるときに「선생님ソンセンニム!」と言うのもオススメです。

「先生」の韓国語まとめ

「先生」の韓国語は「선생님ソンセンニム」です。

仲のいい先生には親しみを込めて「セム(セム) 」と呼ぶのもオススメです。

ただ、日本で「先生」と呼ばれる人と韓国語で「선생님ソンセンニム」と呼ばれる人には少し違いがあるので気をつけてください。


こちらの記事も読まれてます

韓国語オンライン講座のおすすめランキング9選

【知らなきゃ損】2,900円の韓国語教材が無料で使える裏ワザ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

月間118万アクセスも集めた「韓国たのしい」の編集長。大学で韓国の法律を学ぶ→ソウルに留学→ ブログを始める。韓国の映画が好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる