「焼肉」の韓国語は?メニューも韓国語で紹介!

こんにちは、留学で韓国語を身につけたpupo(Twitter@kankoku_tanoshi)です。

今回は「焼肉」の韓国語を特集します。

pupo
pupo
誤解されがちですが、サムギョプサルやプルコギとはまた別の単語ですよ

「焼肉」の韓国語は?

実は、「焼肉」にピッタリあてはまる韓国語はありません。

ただ、網で牛肉や豚肉を焼く日本式の焼肉は日本語からそのまま取って야키니쿠ヤキニク」と言ったりもします。

また、「야키니쿠ヤキニク」を使わずに

  • 고기ゴギ 먹고モッコ 싶어シポ(肉食べたい)
  • 삼겹살サンギョッサル 먹으러モグロ 가자ガジャ(サムギョプサル食べに行こう)

のように고기ゴギ(肉)」や料理名で言うことも多いです。

ちなみに、「焼肉屋」は韓国語で「고기집ゴギジッ(肉+家)」と言います。

スポンサーリンク

サムギョプサル、プルコギって何?

「焼肉」の韓国語として「サムギョプサル」や「プルコギ」が出てくることもありますが、これは間違いです。

サムギョプサルとプルコギは日本の焼肉とは異なる韓国料理の名前です。

① サムギョプサル

サムギョプサルはハングルで「삼겹살サンギョッサル」と書くのですが、直訳すると「三層肉」となります。

赤身と脂肪が交互に三層になってる豚の三枚肉(バラ肉)のことです。

キムチやニンニク、サンチュなどと一緒に食べます。

韓国で「고기ゴギ 먹고モッコ 싶어シッポ(肉食べたい)」と言えばこのサムギョプサルかカルビをイメージすることが多いです。

② プルコギ

プルコギは醤油で下味をつけた薄切り牛肉を野菜や春雨と一緒に焼いて、煮る韓国料理です。

불고기ブルゴギ(火+肉)」と書くため「焼肉」と訳されることもありますが、実際は焼肉とすき焼きの中間のような料理です。

韓国では定食のメニューとしてよく出されます。

スポンサーリンク

焼き肉メニューの韓国語

肉の種類や部位など焼肉メニューの韓国語も紹介しておきます。

牛肉소고기ソゴギ
豚肉돼지고기デジゴギ
鶏肉닭고기ダッコギ
味付けカルビ양념갈비ヤンニョンガルビ
味付けなしカルビ생갈비センガルビ
ロース등심ドゥンシン
ヒレ안심アンシン
牛モモ肉뭉치살ムンチサル
ハラミ안창살アンチャンサル
小腸곱창ゴッチャン
大腸대창テチャン
首周りの肉목살モッサル
ミノヤン
レバーガン
豚カルビ돼지갈비デジガルビ
豚トロ살치살サルチサル

ちなみに、韓国ではタンがあまりメジャーではありません。

日本の焼肉屋さんに来た韓国人にタンの説明をしたときも「そんなとこ食べるの…!?」とびっくりしてました。

「焼肉」の韓国語まとめ

韓国語に「焼肉」にぴったりあてはまる言葉はありません。

代わりに「고기ゴギ(肉)」や「삼겹살サンギョッサル(サムギョプサル)」「갈비ガルビ(カルビ)」など料理名を言うことが多いです。

pupo
pupo
サムギョプサルなど韓国式の焼肉はとても美味しいのでぜひ食べてみてください!


今、あなたにオススメ

RELATED

最初のコメントをしよう

任意